時間が経っても大丈夫な縁

そんなだから友達が少ないんだよ。
と言われてもおかしくないし、自分でもまったく否定はできないのが悲しいところですが、
私、実はLINEが大嫌いです。

仕事上ならいいんですが、
あの「既読」システムがどーーーしても受け入れられない。

返事をしなくても読んだことが相手に伝わるのは利点だなーと思います。
でも、いわゆる「既読スルー」が苦手で苦手で。

メールでもよくありましたよね。
メールのやめどころがわからない、的なやつ。
そもそも用件なしにだらだらメールするのが好きじゃないんですよ。

まあ、今のご時勢でLINE嫌いなんだーといったら、
結構な確率で変な顔されちゃいますよね。

で、そんなLINEがない時代、まだ私が同棲を始める前かな?にお世話になった方と、
久しぶりに連絡を取りました。

勿論メールで。笑

当時は私自身が彼との関係ですごく悩んでいたこともあって、
親身になって相談を聞いてくれた彼女との仲はよかったと思います。
好きなものとか、嫌なものとかが似ていたし。

あんなにお世話になったのに、引越しや慣れない環境でばたばたしている内に、
いつのまにか疎遠になって、メールすらしない仲になっていました。

が、私と彼の間では、連絡を取らないにせよちょくちょく名前が出る人だったんです。

それで、今頃何してるかなあということになり、久々に連絡を。
久しぶり、の一言はあったにせよ、ぎこちなさは皆無。
やっぱり、心地のよい人だなあと実感しました。

LINEとか、BANDとか、
「いつも繋がっている」ツールが沢山ある世の中ですが、
こんな風に何年越しにだって気持ちが繋がっていられる相手もいるものですよね。

これ、携帯ができた当時の上の世代の人が感じていたことなのかも。

そう考えると、私も歳とったなあ。