子どもの耳鼻科へいったお話

病院に行きたがらない子どもをどうやって耳鼻科に行かせるか。そのこと考えましたが、もうあまりごまかしがきかない年齢になっています。

耳鼻科といっても、鼻水などではなく耳のあかをとってもらうためです。ためておくと中耳炎になる可能性も高いので、とれる時にとっておきたかったのです。
とりあえず、病院じゃないよと言い聞かせ、ただ眼鏡のおじちゃんがお耳をちょこちょこっとくすぐるだけだよと言い聞かせました。

それでなんとか通りましたが、やはり病院にいったら雰囲気に気づきます。
おやつでつるのもありですが、子どもが気にいっている児童センターのぬいぐるみにあいに行くと約束をして頑張ってもらいました。

途中少し泣きましたが、おひざに抱っこでなんとかなりました。